電話サポート平日09:00〜17:00  082-258-2988

パートやアルバイトのメリットデメリット

正社員ではないパートやアルバイトは、正確にはパートタイム労働者の位置付けになります。 法律上の定義において、短時間の労働者であるパートやアルバイトには、どのようなメリットやデメリットが存在するのでしょうか。

社会保険に入れる?

社会保険は主に大きく2つの意味を示し、その一つがまずは厚生年金です。 もし仮に自身が厚生年金に入っていない場合は、国民年金だけに入っている扱いになります。 厚生年金に加入するということは、イコール国民年金もそこに含むのが特徴です。

2つ目の意味を示すのは、介護保険を含む健康保険です。 国民保険にはないその特徴は、傷病手当金や出産手当金という形で、1日当たりにおいて賃金額の3分の2ほどを給与をとして受け取ることができるシステムです。出産や病気が理由で仕事を休職しないといけないケースが該当します。 パートやアルバイトとしての立場で、社会保険に入ることができるのかはまず求人票を確認してください。 そこに完備と記載されているなら健康保険や厚生年金をはじめとする、雇用や労災保険にも入るのが原則的だからです。

パートやアルバイトでも加入を希望する場合加入するには次のような条件があります。 週の所定労働時間が20時間以上であること、学生の立場でないこと、そして雇用期間が1年以上であると見込まれ、給与は月額8.8万円以上で501人以上の企業の会社に勤めていることです。

パートやアルバイトでの加入のメリットは、老後の年金額が増える面にあります。 社会保険の半額分の掛け金は会社負担という大きなメリットも魅力です。 その一方でデメリットとして、加入後は毎月の給与分からから掛け金が引かれることで、手元に入るお金が減るという点があり、同様に他に加入する場合もそこに必要となる掛け金も天引きになります。

このようなデメリットの解決策には、毎月の給与の手取り額から引かれないように、加入の条件すれすれでその収入を抑える方法があります。 しかし一見手取り額が減ってしまうことだけに注目するとデメリットとしてとらえがちですが、実はこれから将来のことを視野に入れて考えると、加入をすることはデメリットとしてよりも、メリットのほうが大きいといえますので、検討する価値はあります。

加入を希望する方で、入ることが可能であるかを知りたければ、まずは求人情報にしっかりと目を通し、その有無を十分に把握し、その条件に当てはまることができているのかをチェックしてください。

賞与はもらえるの?

パートやアルバイトでも賞与はもらえるのか、まずパートタイム労働法には、会社がパートやアルバイトを雇用する場合には、文書などで次の3つのことを明示することが義務付けられていることを理解してください。 それが退職手当の有無、昇給の有無、そして賞与の有無です。 希望すれば通知することも可能ですので、自身の企業がどのような内容になっているかを確認します。

しかし一般的に多くのアルバイトやパートに対して、この賞与は基本的に支給されないのが現実です。 その理由としてあげられるのが、正社員と比較したときの労働時間の短さと仕事の難易度の違いにありますので、パートタイム労働者にとってデメリットの側面を見せます。

ですがアルバイトに決して賞与を支給しないという決まりもなく、企業が支給することにもなにも差し支えはないので、アルバイトやパートでの短時間労働であっても、その働きぶりが大きく貢献している時には賞与される可能性も否定できません。 アルバイトでも、働き方の貢献度によってはお金を臨時に貰えるという可能性は高いのです。 その場合、パートタイム労働者でも正社員と仕事内容の難易度が同等であり、同じように戦力として企業に大きな貢献を見せている場合には、正社員と同様の金額を賞与として支払ってくれる会社もなくはありません。

仮に賞与の有無で賞与がない場合でも、貢献したアルバイトに賞与を支給すると企業が決めた場合、寸志という名で同様の支給をすることになりますので、デメリットだけでなく、パートやアルバイトにもメリットがあるのです。 寸志という文字通り金額としては、いささかの心ばかりですが、正社員と共に働くアルバイトにとっては仕事へのモチベーションがさらに高まるポイントにもなり、企業にとっても働き手のやる気を十分に引き出すことができるメリットがあります。

自身が働く会社がアルバイトやパートに賞与を適用させているのかは、必ず就業規則や賃金規定に規定されている場合が多いため、そこにしっかりと目を通す必要があることを忘れないようにしてください。 しかしいつどの時期に誰に出し、出さないかは完全に企業次第となりますので、その点も十分に理解することが大切になります。

まとめ

短時間労働者は自分で働く時間を選べ、未経験者でも働きやすい点が魅力です。正社員と比較してメリットがないと思われがちですが、さまざまな形で短い時間の労働者にもメリットが存在しています。 家事と子育ての2つを両立しやすく主婦にも人気の働き方は、さまざまな働き方を提供しています。

本文の内容は2019-06-20時点のものです。その後の法改正などは反映しておりません

PAGE TOP