電話サポート平日09:00〜17:00  082-258-2988

派遣社員とは

働き方の1つの選択肢として人気の派遣社員があります。 では派遣社員とはどのような仕組みで働くことになるのでしょうか。指揮系統とお給料の関係、仕事の勤怠関連はどのようになっているのか、派遣社員にはどのような種類があるのかご存知ですか? 派遣社員についてここでは仕組みやメリットデメリット、失業保険などについてご紹介していきます。

派遣の仕組み

「派遣社員の存在はよく知っているけれど、どのような仕組みで働いているのかは知らない」という方も多いのではないでしょうか。 派遣社員が雇用されているのは、「派遣元の会社」になります。「実際に働いている会社」の「派遣先の会社」ではありません。 では福利厚生や交通費は?と考える方もいると思います。福利厚生、交通費の規定もすべて雇用されている会社、ようするに「派遣元の会社」によります。 働いているのは「派遣先の会社」ですが、お給料も「派遣元の会社」から出ています。つまり指示命令は派遣先企業、お給料は派遣元企業の管轄です。

仕事の勤怠関連は派遣先企業とのやり取りになります。派遣社員にはいくつか種類があり、「登録型派遣」「無期雇用派遣」「紹介予定派遣」という3形態がメジャーです。

あるお仕事をするために派遣会社に登録し、その間だけ契約するのを「登録型派遣」と呼びます。これに対して、まずは派遣会社に採用されて、それから派遣先の会社に働きに行くのを「無期雇用派遣」といいます。

そして、派遣先の会社と前もって「条件が合うようならば、ゆくゆくここで働きます(うちで働いてほしい)」という約束をしてから派遣業務に入ることは紹介予定派遣です。これは最近増えてきており、前もって勤怠関連など、会社も本人も相手のことをよく知ることができるので人気になっています。 一口で「派遣」といっても、たくさんの雇用形態があるのです。

派遣のメリットデメリット

派遣社員、というとメリットよりデメリットの方が多いように伝わることが多いかも知れません。 デメリットとしては、まずは雇用の安定がよくないこと。今では正社員でも必ずしも雇用が盤石ということはありませんが、それ以上に派遣社員は「派遣切り」という言葉もあるように派遣契約の更新を打ち切られることがあります。 そして勤怠関連をはじめ、派遣先の会社の待遇がよくない可能性もあります。派遣先の会社には、その会社の正社員の方たちがいます。会社としては自社の正社員を優先するためです。

メリットとして考えられることのひとつには、仕事の時間や量を選びやすいので自分のしたいことやライフバランスに合わせて仕事ができるということです。「自分は体が弱いから、週3日の事務仕事をしたい」という方にも仕事が選びやすいです。 そして派遣社員は、多くが派遣先企業に常駐になります。ITなどの専門的な仕事もできるところから任せてもらえて、徐々にスキルアップをしていくことが可能です。業界への参入のしやすさがメリットです。

なによりも大きいのは、自分に合わせたキャリアを徐々に積んでいけることです。働きながら、お金を稼ぎながら自分が「これをやってみたい!」「これが好きだ!」という仕事にどんどんチャレンジして、キャリアアップ、キャリアチェンジが自由にできることです。 派遣のデメリットばかりを見るよりも、メリットも併せて自分に合っているかを考えるのがいいでしょう。

会社都合で契約終了、失業保険はどうなる?

会社都合で契約終了になった場合、雇用保険に入っていればちゃんと受給することができます。「1週間の所定労働時間が20時間以上」であり、「雇用が継続される見込みが31日以上ある場合」であれば雇用保険の加入が義務付けられています。まず派遣社員として採用されたときに各種保険はもちろん、労働時間について派遣元会社に必ず確認しましょう。

もし自分が雇用保険に加入しているか不明な場合はハローワークに雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票を提出すれば確認が可能です。雇用保険に加入できていれば正社員やアルバイトなど他の雇用形態と失業保険を受け取る流れは変わりません。

そして実際に失業保険をもらうには、派遣元会社から「離職票」が必要です。会社都合か自己都合かどうかで給付金額が変わりますので、もらった離職票の記載が会社都合か自己都合での退職、どちらになっているかを確認してください。事実と異なっている場合や自分が納得できない状況であれば、すぐに会社へと確認しましょう。万が一修正に応じてもらえない場合はハローワークへ相談することで、正しい理由を調査してもらえることもあります。もらえるものがもらえないことがないように、しっかり自分で管理するべき部分でもあります。

まとめ

ここまで派遣社員についてみてきました。知らなかったこともあったかもしれませんが、派遣はいろんな仕事をしてみたい、という方や、技術職をやりたくてとにかく業界に入りたいとか、自分は週に3日だけ働きたい、といった希望を叶えてくれる働き方です。 この制度をうまく使って自分の希望するライフスタイルを作る手助けにしてみてください。

本文の内容は2019-10-31時点のものです。その後の法改正などは反映しておりません

PAGE TOP