電話サポート平日09:00〜17:00  082-258-2988

管理者権限

管理者は複数設定することができ、その際に管理者に付与する権限を制限することが可能です。勤怠管理を行う管理者には全ての権限を渡す、勤務地の管理者には自分が管理する勤務地だけを管理させたい、見ることができるが変更をする権限を渡さないなど詳細な設定が可能です。

勤務地ごとに権限付与

勤務地ごとに権限付与

飲食店や支社が複数ある会社でも管理者権限を分けることで、複数の管理者を持ち、各管理者ごとに利用や表示できる機能を制限できます。

本社での管理は全従業員の勤怠を管理して集計、給与計算が行いたい、店長や支店の責任者が自分の担当の勤務地のみで従業員の残業・有給の承認、打刻の修正を行いたいなど、用途を分けてご利用することが可能です。

ヘルプ勤務で管理権限がない従業員が勤務した場合もその日の勤務は確認・変更ができます。

追加と閲覧権限

追加と閲覧権限

管理者の中でも登録、変更などが行える権限と閲覧のみまたは非表示の設定ができます。まるめの設定や有給の更新、付与など特定の管理者以外が変更をして欲しくない場合は一部を閲覧権限にし、打刻の管理だけ修正可にするなど項目ごとに書き込みと閲覧権限を付与できます。

最終変更者

最終変更者

1従業員の1日ごとの勤務をどの管理者が最後に決定したかを保存します。勤怠管理者の権限をもっている従業員、または従業員の有給等の承認・否決のみを行える承認者が勤怠の追加、変更、承認、否決を行なった際に最終変更者として名前が保存されますのでどの管理者が勤務を確定したかを確認することができます。

PAGE TOP