電話サポート平日09:00〜17:00  082-258-2988

勤怠の締め

日々や1ヶ月ごとの締めを行いたい場合に締める機能を使います。締めは1日や1ヶ月ごとに締めを行う権限と1ヶ月ごと全て締める権限を持つことができるので、用途に合わせて管理者に付与できます。

締めて勤務の確定

締めて勤務の確定

従業員の勤務を締めることで勤務を確定します。締めている勤務は変更することができなくなります。

締めはボタンを押すだけで行われ、解除して変更することも可能です。

勤務予定とは違う打刻があった場合(遅刻や早退・出勤より早い打刻、退勤より遅い打刻)アラートが表示されます。アラートが出ても勤務に問題がない場合、締めボタンを押すことで勤務が確定されます。

マスターデータの保存

マスターデータの保存

勤務予定の変更があった場合に、締めている勤務予定は上書きされないので、変更前と変更後のマスターデータを保護します。

2種類の締めのタイプ

2種類の締めのタイプ

締めのタイプは2つあり、管理者1は1日ごと、または1ヶ月締めることができます。管理者2は1ヶ月の締めになります。管理者2が締めた時には管理者1は解除できません。

勤務地では現場の責任者が管理者1の権限をもち、日々の勤怠を締める、本社で勤怠管理担当者が、管理者2の権限を持つことで、本社の権限が最終決定の勤怠にして運用することができます。

どの管理者が締めを行ったかも元利画面に表示されます。

PAGE TOP