電話サポート平日09:00〜17:00  082-258-2988

勤怠の締め

日々や1ヶ月ごとの締めを行いたい場合に締める機能を使います。締めは1日や1ヶ月ごとに締めを行う権限と1ヶ月ごと全て締める権限を持つことができるので、用途に合わせて管理者に権限を付与します。

締めて勤務の確定

締めて勤務の確定

従業員の勤務を締めることで勤務を確定します。締めた勤務は打刻の追加や残業の入力等の勤務の変更を行う事ができなくなります。

勤務予定と違う打刻があった場合エラーとして表示されますが締めることでエラーから外れ、勤務の確定がされます。

締める方法は簡単!締めボタンを押すだけ!ボタンで締める、締めを解除することが簡単に行え、解除すると勤務の修正などが再度行えます。

マスターデータの保存

マスターデータの保存

勤務予定の変更があった場合に、締めている勤務予定は上書きされないので、変更前と変更後のマスターデータを保護します。

ビル管理では勤務の変更が多く締めてマスターを保護することが重要になります。

2種類の締めのタイプ

2種類の締めのタイプ

締めのタイプは2つあり、管理者1は1日ごと、または1ヶ月締めることができます。管理者2は1ヶ月の締めになります。

管理者2の権限は1より強くなっているので2が締めた勤務は1では解除できません。

エリアマネージャーや現場責任者が管理者1の権限をもち、日々の勤怠を締める、本社で勤怠管理担当者が、管理者2の権限を持つことで、本社の権限が最終決定として運用することができます。

PAGE TOP