電話サポート平日09:00〜17:00  082-258-2988

管理者権限

管理者は複数設定することができ、その際に管理者に付与する権限を制限することが可能です。勤怠管理を行う管理者には全ての権限を渡す、エリアマネージャーや現場責任者の管理者には自分が管理する勤務地や従業員を管理させたい場合などに複数管理者を登録し、権限を分けてご利用することができます。

勤務先、従業員ごとに権限付与

勤務地ごとに権限付与

エリアマネージャーや現場責任者は自分が管理しているビルや従業員の管理を行う、勤怠管理や給与計算の管理者の場合は全ての従業員管理を行うなど管理者によって権限を分けて運用を行いたい場合があります。

かえる勤怠管理AIビル管理では複数の管理者を作成し、管理できる勤務地を設定することで1つのシステムで複数の管理者を持つことができます。

勤怠の変更と閲覧権限

追加と閲覧権限

管理者の中でも変更、閲覧の設定を行うことで柔軟な運用を行うことができます。

勤怠管理の管理者には従業員の予定の作成や勤怠の変更などの権限を付与する、現場の責任者には予定の作成は不可、打刻の閲覧は許可するなどの詳細な権限を付与することができるので変更権限を渡したくない管理者が誤って修正をする事はありません。

最終変更者

最終変更者

管理者が複数いる場合、勤務を最終的に変更した管理者が誰なのか記録することができます。1従業員の1日ごとの勤務で残業等の入力を行なった場合、最終変更者として名前が表示されます。

PAGE TOP